欧米のプロトレーダーのFX名言集B

シェルダン・ナイトの言葉「FXで大事なのは損失をどこまでに抑えるかに尽きる」

最後はシェルダン・ナイトの言葉です。「ファンドを運用する場合、いくら儲けるかというのは二の次で、大事なのは損失をどこまでに抑えるかに尽きる」

 

つまり、売買のシグナルは重要ですが、マネー・マネジメントも重要であるということです。彼はエンジニアとして学位を修めた後、統計論に棊づいたトレードシステムの開発に取り組みました。

 

彼はFX、株トレードをスタートさせる前に、実に25年にわたってリサーチとテストを繰り返し行ったそうです。

 

彼のFX、株システムはラリー・ウイリアムズのボラティリティーブレイクアウトの概念を基にして発展させたものです。彼は『膨大な雑音のなかから大事なサインを見抜くことが、市場でトレードする際の本質的な問題である』と語っています。

 

また、建玉と仕切りの売買サインと共に、彼はマネー・マネジメントの重要性を強調しています。

 

このような考えに基づいて、彼のシステムはボラティリティを加味した「ブレイクアウトルール」と、運用枠に応じてトレードーサイズを調整するための「マネー・マネジメント」の二本の柱から成っています。